結婚指輪と婚約指輪の意味合いの違いや最近の風習について

婚約指輪とはどんなものか?

結婚指輪とは、結婚したのちに夫婦が「既婚者である証」として左手の薬指につけるものです。そして、日常的につけるもののためシンプルで仕事等の邪魔にならないデザインであることが重要になります。それに対して、婚約指輪とはプロポーズの時などに男性側(プロポーズした人)が、一生の愛の誓いとして贈る記念品的なものです。そして、こちらは結婚指輪のように毎日つけるものではないためデザインが豪華で、価格も結婚指輪より高い相場となっています。

婚約指輪とはどんな時につけるものなのか?

婚約指輪は、プロポーズした人が相手(基本的に女性)に贈ったのち、贈られた側が一生大事にとっておくだけのものではありません。特別なパーティー・子供に関する大事なイベントなどで贈られた側が実際に使用することがあります。そして、ファッションアイテム的な要素があるため、贈るほうとしては渡す人に似合うかどうかをよく考えてから買い求める必要があります。

プロポーズ後に本人に選んでもらうのも良い

婚約指輪とは、プロポーズする男性が女性には内緒でプロポーズの計画を進め、当日にプロポーズの言葉と共に渡す人も昔から沢山います。しかし、結婚に関する文化は平成に入ってからどんどん変化しており、婚約指輪に関する文化も変化してきています。そんな中で近年、婚約指輪はあらかじめ買うのではなく、プロポーズ成功後に結婚相手に直接お店で自分が一番気に入るものを選んでもらう形をとるカップルが増加しています。

婚約指輪を省略するカップも増加中

若いカップルの中では婚約指輪に関する意識の変化が生まれてきていると言われます。特に経済的に安定していないカップルが結婚する場合は、指輪のお金が女性側の希望でハネムーンの予算に充てられたりするケースも増えています。

結婚の約束をしたカップルの男性から、女性に向けて贈られる指輪を婚約指輪といいます。かつては給料3か月分が相場といわれていましたが、現代では多様化してきました。