プラチナと遜色ない見た目のものも

結婚指輪や婚約指輪の金属の王道と言えば、プラチナやカラーゴールドですよね。プラチナよりも柔らかい印象を与えるホワイトゴールドなどもありますが、他の夫婦が持っていない結婚指輪にしたいならハフニウムという金属もおすすめ。金属アレルギーの原因として知られている、金属イオンが溶け出しにくい性質も備えているので、体質の問題でアクセサリーをつけられない人でも安心して指にはめることができますよ。希少価値が高いので意外に高価なのがネックではありますが、耐久性に非常に優れているのでメンテナンスの手間があまりかからないというメリットも。ニオブも金属アレルギーのリスクが低い金属として知られていますが、こちらはやや落ち着いた感じのカラーが特徴です。

赤銅やタングステンの指輪も個性的!

夫婦と一緒に長い時間を過ごしていく結婚指輪ですが、その時間の流れを反映させたいと思っているなら赤銅を使ったものがぴったりです。赤銅は金属としての美しさも元々持っていますが、時間と共にその色が変化していくんですよ。タングステンはレアメタルの一種で、まだまだ国内では知名度が少ない金属であることと、価格がリーズナブルな点が特徴と言えます。見た目は鏡のようにキラキラしていますが、鏡と異なり非常に丈夫です。変色したり錆びることもないので、メンテナンスでは定期的に水洗いをする程度で充分でしょう。結婚指輪を買う時にアフターサービスのことまで考えたくない人にはいいかもしれませんね。

結婚指輪をつける指といえば、左手の薬指が常識です。実は指にはそれぞれ意味があり、左手の薬指は「愛する人との絆を深める」という意味があります。