会場の片隅に!ゲストと一緒に楽しむ幸せの花

幸せを分かち合ってみよう

新郎新婦がホストの気持ちになってゲストをおもてなしするウエディングパーティが人気を集めています。育ててくれた両親や悩みを聞いてくれた友達、一緒に仕事をしている同僚や上司など縁があって集まってもらった人たちに笑顔お触れる演出で楽しんでもらいましょう。幸せの証としての言い伝えのある蜂蜜酒のバーを会場の片隅や一休みできるコーナーとして作ってみてもいいでしょう。子供も参加している場合には、蜂蜜を溶かしたレモンソーダも用意するといいですよ。黄色系のバラを小さく束ねて、ゲストの数だけ作っておき、長めのワイヤーをつけておきましょう。飲み終わった人には、幸せを分かち合った証として腕に着けてもらうといいですよ。フラワーブレスレットはグラスマーカーとしてつけておいてもいいでしょう。はちみつにちなんで、コーナーは花やリボンなども黄色を中心にして、白や淡いグリーンなどを加えて装飾していきましょう。

みんなで遊んでみよう

蜂蜜酒のバー同様に会場の片隅にちょっとしたお遊びコーナーを作ってみてもいいでしょう。高く詰めるほど幸せなドーナツタワーをゲストともに作り上げていきます。白い花や葉っぱのリース、そしてドーナツをゲストに一つずつ重ねてもらいます。ドーナツには第一印象はといった、新郎新婦へのクエスチョンを貼っておけば、タワーが完成した後に質問コーナーを開くこともできるでしょう。花はドーナツの油がしみても大丈夫なアーティフィシャルフラワーを使うとよく、ドライ用の吸水性スポンジをドーナツ状にして茎をさしていくといいですよ。幸せをどんどん積み上げていきましょう。

京都の結婚式場は、神社仏閣からチャペルまで幅広いことが特長です。世界遺産で結婚式を行うことも可能です。